HOME TRAILER INTRODUCTION CAST & STAFF  PROFILE THEATER COMMENT

監督 : ピーター・パーディーニ   2016年 アメリカ作品 114分   ヴィスタサイズ ステレオ   日本語字幕:林 達也  監修:城田雅昭

提供:WOWOWエンタテインメント / ジェットリンク   配給:エレファントハウス / カルチャヴィル  協力:WOWOW

TRAILER 予告編
INTRODUCTION

「長い夜」「素直になれなくて」「サタデイ・イン・ザ・パーク」「愛ある別れ」… 誰もが知る永遠の名曲総登場。

47枚のアルバムがゴールドとプラチナに輝き、70枚のシングルがチャートイン、セールス数は1億2200万枚を突破

現在も年間公演は100回以上、まさにアメリカを代表する最強バンド=シカゴ

 

看板ギタリストの事故死、リード・ヴォーカル突然の脱退、幾多のメンバー交代劇そして頂点からの転落と低迷、

それでも何故バンドは続いたのか?

 

栄光の陰に潜む波乱万丈、50年の歴史を代表曲と共に紐解く全音楽ファン必見のロック・アンソロジー、

全ての登場曲に日本語対訳入り。

 

出演 ロバート・ラム ジミー・パンコウ リー・ロックネイン ダニー・セラフィン ウォルト・パラセイダー テリー・キャス ピーター・セテラ デイヴィッド・フォスター アーヴィング・エイゾフ クライヴ・デイヴィス 監督 ピーター・パーディーニ
「テリー・キャスの弾く激しいギターこそが このバンドを知らしめたものだった…」 ロバート・ラム 「僕らはお互いの協力で成り立っているのさ、 ダメな時は誰かが必ずテコ入れをしてキャリアを守るんだ」 リー・ロックネイン 「俺たちは民主的な組織で主役もいないし 全員が平等なのさ」 ジミー・パンコウ
PROFILE

1967 : ロバート・ラム、ジェイムズ・パンコウを中心に結成

     バンド名はビッグ・シング→

1967 : シカゴ・トランジット・オーソリティ→

1967 : シカゴと変更される

1969 : 2枚組アルバム「シカゴの軌跡」で

     コロンビアよりレコード・デビュー。

1971 : 初来日公演が大盛況、以降3年連続来日を果たし

     日本語録音によるシングル「ロウダウン」発売

1972 : アルバム第5作「シカゴV」全米1位獲得、

     シングル「サタデイ・イン・ザ・パーク」も大ヒット

1976 : 「CHICAGO X / カリブの旋風」からのシングル

    「愛ある別れ」バンド初の全米1位獲得、 第19回

     グラミー賞最優秀ポップ・ボーカル・グループ受賞

1978 : 看板ギタリストのテリー・キャスが

     拳銃暴発事故で急逝、以降バンドは低迷する

1982 : デビッド・フォスターをプロデューサーに迎え、

     ワーナー移籍後初の「シカゴ16」収録

    「素直になれなくて」が全米1位となり、

     劇的復活を遂げる

1984 : 「シカゴ17」発売、バンド史上最高の

     600万枚超のセールスを記録

1985 : リード・ヴォーカルのピーター・セテラが脱退、

     ジェイソン・シェフが加入

1989 : 通算20枚目のベスト・アルバム

    「GREATEST HITS 1982-1989」発売、

     500万枚の大ヒットとなる

2006 : 「TWENTY 1」以来15年ぶりとなる全曲新作の

     オリジナル・アルバム「XXX」発売

2017 : 前年にロックの殿堂入りを果たし、

     結成50周年を迎える

監督 : ピーター・パーディーニ   2016年 アメリカ作品 114分   ヴィスタサイズ ステレオ   日本語字幕:林 達也  監修:城田雅昭

提供:WOWOWエンタテインメント / ジェットリンク   配給:エレファントハウス / カルチャヴィル  協力:WOWOW

Package Design & Supplementary Material Compilation TM & © 2016 Fisher Klingenstein Ventures, LLC. All Rights Reserved.