HOME > NEWS > 2018.02.26

NEWS

パット・トーピー追悼の言葉(ビリー・シーン)
2018.02.26
故パット・トーピー氏の葬儀には残念ながら出席することができませんでしたが、MR. BIGでパットと最強のリズム・セクションを組んできたビリー・シーンが万感の思いを込めパット・トーピー追悼の言葉としてしたため、彼の妻のエリザベッタがビリーに代わり葬儀の席で代読した文章をビリーさんが日本のファンにも伝えてもらえればということで送っていただきました。

最初に英文本文、続いて日本語訳を掲載させていただきます。

————————————————————————————————————————
Billy Sheehan's eulogy for Pat Torpey

Hello to everyone---it breaks my heart that I cannot be there in person. I'm so sorry. My sweet wife will be expressing my thoughts today.

Like all of you, I was shocked to learn that we lost Pat. On our last tour, I was watching over him closely, and very concerned that the motivation and positive challenge of getting up on stage every night was beginning to be less of a helpful thing for him. We had some wonderful times of course, but I could see a change taking place. I sat down with him several times to frankly discuss the situation, assuring him that it was absolutely fine that if he felt touring was too difficult for him, we can stop at any time.  He had a very hard time sleeping on a tour bus, and was usually quite exhausted. I know he felt an obligation to all of us to continue, and seeing him rise to that challenge inspired not only us, but of course many thousands of people all over the world.
But it was taking its toll.
And it took a toll on all of us in the band to see someone so tough, so determined, so dedicated, so giving and kind, with his relentless pursuit of excellence, and his unwavering persistence towards his musical and personal goals---to see him reduced by this disease crushed all of us, and left us in a state of helplessness.

Pat and I started working together over 30 years ago. He has been my closest musical relation ever since. His friendship was one of the most valuable things in my life. He was closer to me than my own brother. We had very parallel and similar lives in our youth, and that helped both of us to be of the same mind on many things, both professionally and more important personally. I am utterly devastated to lose him.

I remember how elated Pat was when he met his wonderful wife Karen, and how he confided in me that "this is the one"! He was right. She sure is. And how his face lit up brighter than at any other time when he knew he was going to be a Dad. I know of no more dedicated husband or loving father. Or solid citizen. Or better friend.

We will get over this. Things will settle out. Caring for each other at this time is of course, absolutely essential. That everyone has come together in love and respect for Pat is a positive thing in a very dark time. The outpouring of love, sympathy and condolences from all over the world have been overwhelming.

Rightfully so. Pat deserved all of that and more. Our love and care for Karen and Patrick Jr is boundless -- we are all here for you both.
I will remember Pat as one of the finest people I've ever had the honor to work with, and the privilege to know. Our lives and the lives of millions all over this Earth have been touched and inspired by him.  And will continue be. Forever.

God bless you Karen, and Patrick Jr. And all of Pat's friends and family.

Pat--You will never be forgotten, my friend.
I love you and miss you. May the love of God shine upon you for eternity.

————————————————————————————————————————

みなさん、こんにちは。本日は参列できず、心が痛みます。本当に申し訳ありません。代わりに私の愛する妻が、今の私の心境をお伝えします。

みなさんと同じく、私もパットを失い大変なショックを受けています。昨年のツアーでは、彼のことを常に気にかけていました。なぜなら、毎晩ステージにあがるモチベーションとポジティヴなチャレンジ精神が、いつからか、彼にとって救いではなくなり始めたのではないかと懸念したからです。もちろんツアー自体は楽しかったのですが、何か変化が起きていると感じました。パットとも何度か膝を交え、現状について率直に話し合いました。そして言いました。もしツアーが困難だと感じたら、僕らはいつでもやめていいからね、まったく心配ないからね、と。実際ツアー・バスで寝ることは大変で、彼はいつもひどく疲れていました。でも彼はツアーを続けることに義務を感じ、そうやってチャレンジし続ける姿を見て、我々はもちろん、世界中の人々が勇気をもらいました。
しかし負担はあったのです。
我々バンドにも大きくのしかかりました。パットほど強靱で、意志が強く、寛大で、やさしく、常に上をめざし、公私においてゴールに向かって確固たる姿勢で突き進む人が、我々の目前で、病気のせいで衰えていく。あまりの無力さに押し潰されそうでした。

パットとの付き合いは30年以上になります。その間、最も親しい音楽仲間でした。彼との友情は、私の人生において一番大切な物です。本当の兄弟より近かった。二人とも似たような青春時代を送ったことで、仕事の上でも、それ以上に、普通の友達として、多くのことを共感できました。そんな彼がいなくなるなんて、打ちのめされています。

今でもよく覚えています。パットがカレンという素晴らしい女性に出会った時のこと。そっと私に打ち明けました。「彼女しかいない!」まさにそうでした。彼女しかいないんです。そして父親になると知った時の、この上ない幸せな顔。献身的な夫、やさしい父親、真面目な人間、最高の友人。パットの右に出る者はいません。

我々はいつかこの悲しみを乗り越えるでしょう。落ち着くでしょう。こういう時はお互い思いやることが何より大事です。暗い中でも、みながパットへの愛とリスペクトを持ってひとつになれたとしたら、それはポジティヴな光です。世界中から寄せられた愛と追悼のメッセージには圧倒されました。が、当然です。パットにはそれだけの、いやそれ以上の価値があるからです。そして今、カレンとパトリックJr.に対して限りない愛と想いを捧げます。我々はいつでもそばにいます。

私はありがたいことに、これまで多くの人々と知り合い、一緒に働いてきましたが、パットは特に素晴らしい存在として記憶されるでしょう。我々の人生も、この地球上の多くの人生も、パットのおかげで心動かされ、力をもらいました。それはこれからも変わりません。永遠に。

カレン、パトリックJr.、パットのご家族、ご友人たち。神のご加護がありますように。

パット、絶対に忘れない、我が友よ! 大好きだ。寂しいよ。永遠に神の愛に守られますように。
関連アーティスト
WEB SHOP INFORMATION
 ポール・ギルバート/PG-30 Zepp Tokyo 2016.9.26 
 キング・クリムゾン オン(アンド・オフ)ザ・ロード 40thアニバーサリー・ボックス・日本アセンブル盤
ジョー・エリオット&ダウン・アンド・アウツ 「
ザ・ファーザー・アドベンチャーズ・オブ〜アーティスト:ダウン・アンド・アウツ」 太っ腹の全買特典あり。
Web盤
エリック・マーティン/Over Japan DXエディション 。2015年来日し、念願のソロ公演を実現したエリック・マーティンの7月14日赤坂ブリッツ公演に加え、各地公演ダイジェストをパッケージごとに1公演ずつ収録。
MR.BIGのライブとはまたひと味違うエリック・マーティンは必見です!
キングクリムゾン。17cmジャケット・シリーズのなかでも特異なダブル・紙ジャケット仕様。プラチナSHM+DVD Audio。好評発売中。
紫/QUASAR デビュー・アルバムから40年。時の経過を微塵も感じさせない世界レベルの珠玉のハード・ロック・アルバム完成。WOWOWエンタテインメントオフィシャルWEBショップにて好評発売中!
イアン・アンダーソン/ホモ・エラティカス:デラックス・エディション【WHD限定特典:英文BOOK完全対訳+歌詞対訳付き】WHD WEB SHOPで発売中
検索
インタビューメディア「KUSAGIRI」